HIS北京行の格安航空券

HIS北京行の格安航空券

H.I.Sの北京行格安航空券で利用できる航空会社は、「大韓航空」「厦門航空」「日本航空」などがあります。

2016年7月の北京行格安航空券の最安値は中国国際空港の37660円で、最高値は日本航空の61680円です。

少し高い印象を受けるかも知れませんが、H.I.Sのインターネット予約時に表示される確約航空券の金額には燃料代やサーチャージが含まれています。

出発地は東京(成田)が一番多く、他には名古屋や大阪といった空港からの出発便があります。便によっては大連や上海を経由するフライトもあります。

H.I.Sは旅行代理店として有名な会社ですが、オンラインで格安航空券を購入することもできます。

もちろん、店頭に足を運んで購入することも可能です。

また、ネットで格安航空券を購入しても電話でサポートが受けられるといった大手ならではのサービスが多くの旅行者に選ばれている理由です。

また、同日に運航するフライトが多いのも特徴です。

☆H.I.Sで格安航空券を購入した人の声☆
格安航空券を買うならH.I.Sと決めています。
最初に格安航空券を世に知らしめた旅行会社ということで、信頼しています。

格安航空券は日付の変更ができないなど不便に感じる点もありますが、H.I.Sのサービスはそれを忘れさせてくれるほど素晴らしいものです。
格安航空券を買った人でも、PEX航空券を買った人でも、正規航空券を買った人でも同じように24時間日本語のサポートが受けられるというのは本当にありがたいです。

旅の不安が軽減されますから、海外に行き慣れていない人にはお勧めではないでしょうか。

ただ、これはH.I.だけではないが、日本の航空会社のようなサービスを期待してはいけません。

格安航空券だからサービスが良くないというのではなく、取り扱っているエアラインが多岐にわたるので、中にはサービスに疑問を感じる航空会社があることも事実です。

私は旅行が多いのでサービスについては我慢しますが、例えば初めての海外旅行だとか、恋人や家族との大切な旅行の場合には格安航空券はお勧めしません。

あと、H.I.Sの素晴らしいのは、表示料金に燃料代などが含まれることです。

一見すると他のサービスサイトよりも高いのですが、他のサービスサイトの料金にはチケット代以外の費用が含まれていないことが多いのです。

私の知り合いもH.I.Sは高いといっていましたが、燃料代などのことを教えてあげると知らなかったと驚いていました。